2019年ゴルフの新ルール

2019年 1月1日施行の新規則解説

概要

より分かりやすく、簡単に、無駄な罰をなくしてテンポを良く出来るよう従来の規則が抜本的に見直されました。

 

1、委員会は行動規範を作成できるようになる

委員会がエチケットやスポーツマンシップから逸れた行為をするプレーヤーに失格以外の罰を下す事が出来る。
(一例として1打2打の罰打を課すなど)

2、コースの名称の変更(5つ)

①ティーイングエリア (前:ティーイングラウンド)
②ジェネラルエリア (前:スルーザクリーン)
③バンカー
④ペナルティーエリア (前:ウォーターハザード)
⑤パッティンググリーン

3、短距離計測機器の使用が可能になる

距離計測機器の使用が認められ、2点間の距離を計測する事が出来るようになります。
ただ、高低差や風向き等の他のプレーに影響する要素は計測できません。
おそらく新ルール向けの製品開発も進む事でしょう。

4球の捜索時間が5分から3分になる

そのままです。暫定球の使用は増えるかもしれません。
ですが、今までなら罰打になっていたような球探し中に当たって罰打になるというようなルールも見直されているので余計な気を使わずに探せる分スムーズに見つかる可能性も上がりそうですね。

5、スタンスした後にキャディーが後方に立つ事を禁止

たとえストロークを行う前にキャディーがその場を離れても一般の罰を受ける事になります。(ストロークプレーでは2打)

6、ドロップが膝の高さから可能になる

また、跳ねて偶然足に当たっても救済エリアから離れない限り再ドロップが不要になるなど、再ドロップがかなり減りそうな嬉しい改正ですね。

7、2度打ちの罰がなくなる

1ストローク中に2度当る事と「2度打ち」扱いで1罰打だったのがお咎めなし(そのストロークを1打と数えるだけ)になります。他にも木に当たって跳ね返って自分に当ってもお咎めなしだったり、キャディーさんに当たってもカートに当たっても無罰になるなど、不要な罰打がなくなってます。

8、救済措置をする場合にマーカーに告げる必要がなくなる

プレーヤーの誠実さを尊重する改正だそうです。なお、暫定球をプレーする場合は変わらず「暫定球をプレーします」と告げる必要はあります。

9、救済の際にいつでも球を取り替える事ができるようになる

現在と違う点は罰なしの救済では取り替える事ができなかったのですが、ここも禁止ではなくなりました。

10、バンカーのルースインペディメントを取り除く事が出来るようになる

以前は禁止だったバンカーとペナルティーエリア内のルースインペディメント(木の枝や石など)の除去ができるようになりました。

おすすめ

お探しの施設が見つからない場合下記検索をお使いください

ページトップへ